巨根は結局のところモテるのか?

巨根 モテる

 

女性はぶっちゃけ巨根が好きなのか?なかなか女性に直接、聞く機会もなければ勇気もないですよね^^;
また、実際に聞いたところでぶっちゃけて答えるわけもありません。
でも、本当のところ心の中では女性はやっぱりペニスが大きい方が好きなのでは?巨根はセックスで虜にしてモテるのでは?と思いますよね。ということで、実際に女性のぶっちゃけた口コミと統計のデータから巨根男性はモテるか調査してみました。

 

⇒手っ取り早く巨根はモテるのか検証結果が知りたい方はコチラから

 

 

女性はぶっちゃけ巨根が好きなのか?ネットで口コミを拾ってみた

巨根好き女性

「15cmぐらいの大きさがベスト」22歳・大学生

 

びっくりするくらいの巨根の持ち主とセックスしたことはありませんが、15センチ程度だったらぴったりだし丁度いいから、大きさはそれぐらいで問題ないと思います。それよりも大きいと、快感よりもむしろ恐怖感などが勝ちそうです。15pくらいの大きさがあれば問題なくセックスできるだろうし、サイズの合う避妊具がないと悩む必要もないですしね。

巨根好き女性

「大きさも太さも“そこそこ”がモテると思う」24歳・OL

 

女性の視点からはっきり言うと、巨根なんて怖いだけです。女性がいいと思うのは、長さも太さもそれなりのペニスだと思います。一般的な男性が持っているサイズがあれば十分だと思うんです。そもそも挿入することに抵抗感がある女性も多いから、あまりに大きすぎるとセックス自体ができないですね。恐怖感で絶対気持ち良くなれないし。

巨根好き女性

「大きくても早漏なら意味がない」24歳・保育士

 

私は巨根でもいいし、むしろ大きいほうがいいけど、いくら大きくてもイクのが早い人は嫌です。巨根ってやっぱり、入れた直後は圧迫感が強すぎて、あんまり良くないんですよ。それでも時間が経てば馴染んでくるし、あちこち刺激されて感じてくるんです。だからそれより早く射精されちゃうと、こっちは少しも満足できないし、がっかりしちゃいます。

巨根好き女性

「太いか長いかどっちかで十分」25歳・販売員

 

巨根って、とっても太くて長さがあるものだと私は思っているんですが、どちらか片方だけでもいいかと思います。私自身は長いほうが好きです。入れられた感じよりも、奥のほうをしっかりと刺激してくれるほうが好きなんです。あまりに巨根だと、圧迫感がきつすぎて感じられません。だから、長いか太いか、そのどちらかでいいんじゃないかと思っています。

巨根好き女性

「重要なのは硬さ」22歳・受付

 

長かったり太かったりということよりも、重要なのは硬さだと思っています。以前海外の人とセックスをしましたが、その人は巨根でした。だけど、なんだかふにゃふにゃしていて、あまり感じられませんでした。いくらサイズがあっても、やっぱり硬くないと意味がないんだなって思いました。だから、そこそこ硬くて、普通にセックスができて、早漏じゃなかったら、女性は感じられると思いますよ。

巨根好き女性

「1回経験しちゃうと小さいのは無理」23歳・アパレル店員

 

巨根だと絶対に感じられるとは思わないし、あくまでも私の考えだけど、やっぱり一回でも巨根を経験していたら、やっぱり小ぶりだと物足りないです。もどかしいというか、がっかり感があるというか。巨根だったら中でイクこともできるのにって感じで。奥を突かれるとかなり気持ちいいんですよね。挿入で感じられるのは巨根だけです。小さかったら、入ってるのか入ってないのか分からないときもあるし。セックスしてるのかしてないのか分からなくなるから、私は巨根じゃないと無理ですね。

巨根好き女性

「太くて硬いのがいい」26歳・金融系

 

デカチンだからいいとも思わないけど、やっぱり太さがないと駄目です。長いだけのものより、太くて硬いのがいいですね。自分に合ったものじゃないと、痛かったり怖かったりするし。自分が気持ち良くなれる限界くらいの大きさであってほしいなぁって思います。だけど、好きな相手じゃなかったとしても、一夜限りの関係だったとしても、ある程度のデカチンとセックスをすると、そのあとはやっぱりそれ以上に感じられるものが欲しくなるのかな。やっぱり満足したいですからね。

巨根好き女性

「前戯もろくにできないくせに威張るな」20歳・専門学生

 

巨根はただただ痛いだけで、全然感じられないから無理です。中が人よりキツいのかもしれません。だから巨根だと苦痛なだけです。痛みだけじゃなくて、舐めるときもしんどいし。あと、巨根の人って自信過剰でうんざりなんですよね。デカチンだから気持ちいいだろって思ってるのは本当にやめてほしいです。前戯もろくにできないくせに威張るなって思いますね。大きいだけで下手な人はたくさんいるんで、そういう人とセックスするとセックスが嫌になりますよ。

巨根好き女性

「女性を満足させられるのはやっぱりデカチンだけ」30歳・主婦

 

むしろ巨根が苦手な人なんて存在するんでしょうか。もしいるとしたら、デカチンの素晴らしさが分かっていないだけだと思いますけど。もしも相性抜群で大きくて感じられるようなペニスと出会ったら、ブサイクな男だとしても手放したら駄目ですよ。いつまでも悔やむことになりますから。そもそも女性は子どもを産めるくらいですから、体自体はそれなりに頑丈なはずです。夫を持って出産を経験すれば分かると思うんですけど、デカチンでないと全然感じられなくなります。奥に届かなかったり、擦ってほしいところに当たらなかったり。相手が巨根だと分かると、好みのタイプでなくても、やっぱりに気になってしまいますね。女性を満足させられるのはやっぱりデカチンだけですよ。

巨根好き女性

「セックスが上手くて巨根だったら抱かれたい」22歳・歯科衛生士

 

意中の相手じゃなくても、顔が良くてセックスが上手くて巨根だったら抱かれたいです。前戯もじっくりやってほしいし。入れられたときの圧迫感がたまらないので、やっぱり一般的なサイズよりも大きいほうがいいですね。中でイケるようになれれば、小さいペニスじゃもう満足できないです。巨根じゃないと全然気持ち良くなれないから。

女性の理想のペニスの大きさを研究や調査、アンケートなどデータから検証

巨根 好き

 

では、実際に女性が理想とするペニスの大きさについて、興味深い研究や調査、アンケートなどがありますので、データから検証してみます。

 

参照元: 女性が求める理想!!モテる男性のアソコw大きさ太さサイズ!!|NEVERまとめ

 

未婚女性で男性とのセックスの経験が5人以上10人未満の300名女性にアンケートをとったところ20代前半〜後半の女性の理想のペニスの長さは13〜17p、太さは12p程度であるのに対して30代女性はペニスの長さは15〜18p、太さは13.5pと、年齢を増すごとに巨根好きであるという興味深い結果が出ています。

 

また、違う研究では「ワンナイトなら巨根の方がいい」「長さよりも太さが大事」という結果が出ています。

 

他にもお菓子の「うまい棒」をペニスに例えて行ったアンケートでは、理想の大きさで最も多かったのは、うまい棒の「1周り」もしくは「2周り」大きいという答えだったそうです(だいたい長さ13p程度)。

 

これらのアンケートや調査結果で分かったことをまとめると、

 

  • 年齢が高くなるほど女性は巨根好き
  • ワンナイトラブなら大きい方が嬉しい
  • ペニスは長さよりも「太さ」「硬さ」が大事
  • 愛情があれば平均サイズでOK
  • 小さいのは共通して嫌われる

 

といった感じになるでしょうか。

 

そもそも、巨根ってどれくらいのサイズを指すのか?

巨根 長さ 太さ

 

そもそも、巨根ってどれくらいのペニスの長さや太さのことを指すのでしょうか?巨根についてのデータを調べた国際機関は存在しませんが、アダルトビデオの企画に携わっている企業によるデータは存在します。

 

これによると、ペニスが硬くなっていない状態で最低でも長さと太さの直径が10p、硬くなった状態だと長さが最低でも19センチ、太さの直径が14p以上とのことです。

 

このデータから分かる通り、ペニスは長さだけではなく、どれくらい太いかということも大切な要素になっていることがわかります。また、ペニスの平均サイズよりも相当大きいペニスであることも分かりますね。仮に自分のペニスが大きめであったとしても、19pは相当なサイズ感であり、ほぼすべての男性も女性もこの数字を聞くと巨根であると思うことでしょう。

 

⇒日本人のペニスの大きさの平均的なサイズの記事はコチラからどうぞ

結論:硬さや太さなど一定の条件が整えば巨根はモテる

巨根 モテる

 

では、やっぱり巨根は女性にモテるのかどうか?女性の口コミとアンケートなどの調査結果という客観的な事実を総合すると、結論としては、

 

「太さと硬さなど一定条件が整えば巨根はモテる」

 

といえるのではないでしょうか。

 

確かに女性としては「アソコに挿入されると痛い」「大きさよりも硬さ」などの意見は多く見られますが、一方で「奥まで届いて気持ちいい」「1度経験すると小さいのは無理」といった声が多いのも事実です。

 

また、アンケートなどの調査でも理想のペニスのサイズは15p以上であることが多く、男性の平均のペニスのサイズ(12〜13p程度)を上回っていることからもある程度の大きさを女性はペニスへ求めていることがわかります。

 

アソコが窮屈な女性以外であれば、硬さや太さも問題なく、また極度の早漏などでなければ、やはり巨根男性は女性にモテるといっていいでしょう。

 

ただし、あくまでセックスを1度やった上での話ではありますけどね。

巨根になるためにはどうすればいいのか?デカチンになるメカニズムを理解しておこう

巨根 メカニズム

 

条件が整えば、やはり巨根男性の方がモテることはわかりました。となると、やはり私もそうですが、「どうすれば自分もペニスを大きく出来るのか?」と考えるのは自然な流れでしょう。

 

そのためには、まず巨根に関するメカニズムをしっかりと把握しておく事が重要です。

 

まず、ペニスとは海綿体というスポンジのような組織で出来ています。この海綿体に血液が多量に流入することでペニスが膨らみ硬くなる仕組みです。これがペニスが勃起した状態なわけです。

 

そしてこの海綿体は3つの種類の海綿体で構成されているのですが、これらの海綿体全てがいかに大きく膨らむかが巨根になる上では重要になってきます。つまり海綿体の膨張率が全てだと言ってもいいわけですね。

 

では、海綿体はどうすれば今よりも膨張するようになるのか?それは海綿体へ血液を今よりも多く流すことに他なりません。つまり、海綿体の血管を太く、そして海綿体に流れる血液を増やすことです。

巨根になるための4つの方法

 

巨根になるための方法

ペニスが大きくなるメカニズムが分かれば後は巨根になるために実践していくのみですよね。

 

巨根になるための方法は大きく分けて4つの方法があります。

 

  1. ペニス増大手術
  2. ペニス増大の器具
  3. 生活習慣の改善によるペニス増大
  4. 精力剤(サプリメント)によるペニス増大

 

この4つの方法の中で確実にペニスを増大させるのは「手術」と「器具」による方法です。この2つに関しては医学的な根拠、エビデンスがあります。

 

ただし、確実に巨根になれる方法ではありますが、リスクやデメリットもあります。一方、精力剤や生活習慣の改善によるペニス増大の方法は即効性や確実性こそ劣りますが、安全性や費用面、巨根になる以外の相乗効果などでメリットもあります。

 

どちらもメリット、デメリット両方がありますので、ご自身の考え方で巨根になるための方法を選べば良いかと思いますが、まずはリスクの無い方法で様子を見ながらペニス増大へ取り組んでいく方がベターでしょう。では、1つずつ巨根になるための方法を解説していきます。

 

ペニス増大手術

 

ペニスを増大させる方法として、ペニス増大手術、つまり外科的な処置をする方法もあります。主なものとしては、長茎術(竿の部分を長くする)、亀頭増大術(カリや亀頭を大きくする)、陰茎増大術(竿の部分を太くする)の3つがあります。

 

どの施術も医療行為ですので、ペニス増大効果は一番高い上、確実性や安全性も高いという特徴もあります。

 

永続的な効果を得たい場合は、切開を伴う術式が適しています。この方法では、ヒアルロン酸などの注射とは異なり、施術後も効果が長く持ちます。反面、外科的な処置を伴いますので、感染症など一般的な外科手術におけるリスクが発生しますし、医者の能力によっては傷跡が残ったり、勃起時に皮が引っ張られることで痛みが発生するなどの場合があります。

 

永続的な効果だけでなく、一時的にペニスを増大させる施術もあります。例えば、シリコンやヒアルロン酸を注入することで亀頭を大きくします。この術式では、切開に比べて安全性が高く、短時間で終わるという利点がありますが、ヒアルロン酸など体内に吸収される物質を使用する場合は、時間とともに効果が薄れていくという難点もあります。

 

また、これらの処置は保険診療の対象にならないことが多く、保険診療に比べて高い費用が必要になります。

 

具体的にペニス増大の手術を行ってくれる病院やクリニックとしては、有名なところだと湘南美容外科とか高須クリニックとかでもやってくれるみたいですね。

 

ペニス増大器具

 

ペニスを増大させる方法としては、ペニス増大器具を使う方法が挙げられます。サプリメントや食事改善等に比べると、痛みやうっ血などリスクはありますが、医学的な裏付けのある効果があります。

 

有名なペニス増大器具としてアンドロペニスがあります。アンドロペニスは、けん引式の増大器具で、最新技術を用いることで、自然にペニスを増大させることができます。加えて着用を止めた後も増大効果が継続します。

 

⇒アンドロペニスは本当に効果があるのか考えてみた記事はコチラ

 

アンドロペニスの効果は、2008年発表のイタリア、トリノ大学の論文で示されています。該当論文によると、アンドロペニスを1日4〜6時間、6か月間着用したところ、平均で2.3pのペニス増大効果があったとの結果が示されました。サプリメントや生活習慣の改善に比べて、時間はかかりますし、若干のリスクもあります。しかし、はっきりとした医学的根拠があり、サプリメントなどで効果の無かった方にはおすすめの方法です。

 

生活習慣の改善

 

巨根になるための方法の3つ目は「生活習慣の改善」です。他の3つの方法と比べると非常に地味で、なおかつ効果が出るまでにもっとも時間がかかるために正直、取り組む方は少ないのが現実です。

 

ですが、現実問題としてED(勃起不全)や中折れ、精力減退などペニスに関わる様々なトラブルの大きな原因はストレスや筋力低下、栄養不足など普段の生活習慣の乱れが主な原因です。

 

ですので、どんなにペニス増大に効果のあるトレーニングや栄養素を摂ったところで、土台となる健康な体がなければ巨根を実現することなど不可能です。地味で効果を実感しにくいですが、どんなペニス増大方法をやるにしても並行して取り組むべき方法でしょう。

 

具体的には血液の流れをよくするための行動や男性ホルモンの分泌を促すような生活習慣に取り組んでいきます。例えば、筋トレ(特に下半身)は身体の代謝を良くすることで血行を促進する上に、男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果があります。

 

⇒テストステロンを増やす10の方法の記事はコチラから

 

AV男優にマッチョが多いのも筋トレがセックスに対する効果があることを証明していますね。

その他にはバランスの良い食事、良質な睡眠、禁煙や過度のアルコール摂取を控えることなどが挙げられます。

 

精力剤を飲んでペニス増大する方法

 

最後の4つの目の巨根になるための方法は「精力剤」です。

 

「精力剤で本当に巨根になれるの?」と思うかもしれませんが、勃起するために必要なNO(一酸化窒素)を増やす成分や男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促す成分があることはわかっているわけですから、一定の量を摂取することで効果は期待できます。

 

ただし、どのような精力剤でもペニス増大が見込めるかと言えばそれは間違いで、あくまでペニス増大に有効な成分を多く含んでいる精力剤でなくてはなりません。

 

具体的には「アルギニン」「シトルリン」「亜鉛」の3つの成分は必須です。この3つの成分の含有量が1日に必要な摂取量以上、もしくはそれに近い量が含まれているかどうかが精力剤を選ぶ最大のポイントです。

 

⇒アルギニンのペニス増大効果の詳細記事はコチラ

 

実際に国内で販売されている精力剤でこの3つの成分の量が国が認める1日の推奨量以上含まれている精力剤は数えるほどしか存在しません。

 

その中でも価格こそ高いですが、3つの成分の量はもちろん、その成分の吸収率を高めるなど活かすための成分を含んでいる質の高い精力剤は「バイタルアンサー」です。僕が知る限りでは国内でトップクラスの精力剤だと思います。

 

 

もっと他の精力剤もみてみたい方はコチラからどうぞ。

 

巨根になることのメリットとデメリット

巨根 メリット デメリット

 

巨根になることはメリットばかりではなく、デメリットもあります。個人的にはメリットの方が大きいと思いますが、デメリットも理解した上で巨根になるための方法を試してみてください。

 

巨根になることの5つのメリット

1.セックスのときに自信が持てる

ペニスが大きいとやはりセックスに対して自信がつきますよね。膣内のあらゆる性感帯を刺激することも出来ますし、奥にあるポルチオをガンガン突ける事で中イキさせることも可能でしょう。セックスを通して男性としての魅力を思う存分伝えることができますからね。

 

また、自分が巨根であるという話が広まっていけば、自然と巨根好きやペニスのサイズに興味がある女性が近付いてくることも考えられます。

 

実際にワンナイトラブなら巨根がいいという調査結果もありましたし、ペニスが小さいよりも大きい方がモテるのは確実なわけです。

 

結果的にセックスの経験値も上がりますし、巨根を通して女性そのものに対する自信がつくという相乗効果も期待できるでしょう。

 

2.巨根の方が女性をイカせやすい

巨根であるメリットはセックス関係が大きく、ペニスを挿入した時の挿入感や圧迫感、膣全体をこすられる感じがたまらないという女性の意見は多いです。また、小さいペニスでは不可能なポルチオ性感帯など膣の奥のほうを突かれると気持ちがいいという女性もたくさんいます。

 

一度、巨根によって中イキなど今まで経験したことがない快楽を味わってしまうと、それ以下の刺激はどうしても物足りなく感じてしまうのは人間として当然のことでしょう。そのため、一度でも巨根男性とセックスしてイカせられた女性は、小さいペニスだとイケないということが往々にしてあるそうです。

 

3.公衆の面前でも堂々と出来る

巨根の場合、温泉や大浴場、更衣室やトイレなど、公衆に自分のペニスをさらす場合でも恥ずかしがらずに堂々と振る舞うことが出来ます。やはりアソコが大きいと目につきますから、同性からは羨望の眼差しを向けられることにもなるわけです。

 

4.巨根男性は裸になると男らしくてカッコイイ

やっぱり租チンの男性よりも巨根の男性の方が裸になった時に男らしくてカッコいいのは間違いありません。どんなにイケメンでもセックスの前に脱いだらペニスが小さかったら女性も残念な気持ちになるでしょう。

 

特にペニス勃起したときのその威圧感、存在感は圧倒的で、実際に挿入すれば今まで味わったことがない刺激や圧迫感に女性は驚くでしょう。支配されているような感覚や、抱かれているという感覚が、気持ちをより高ぶらせます。

 

ただ、イケメンの男性では女性は絶対にこの満足感は味わえないことでしょう。膣内のすべての性感帯を擦られる快感。味わったことがない中イキの気持ちよさ。普通のペニスでは見たことがない景色に、巨根男性のことがよりカッコよくみえることでしょう。

 

5.精神的に余裕がある

巨根男性は短小の男性に比べては劣等感などに苛まれることがないので、精神的に余裕があり自信家の場合が多いです。セックスへの劣等感がないと女性に対しても無意識に振る舞いに自信が出るんですよね。

 

女性はそういった言葉では伝わらない雰囲気に敏感ですから、そういった男性を、女性は素敵だと感じるのです。これまで、多くの女性を肉体的にも精神的にも満足させてきたのが巨根男性ですから、どういうふうに女性が甘えてきても柔軟に対応できます。

 

女性からするとセックス面の良さだけではなく、精神的に余裕がありますから、一緒にいると落ち着き、安らぐことから、その男性から離れられなくなるでしょう。

 

巨根であることの5つのデメリット

1.ペニスが大きすぎるとセックスのときに女性は痛い

いくら巨根がいいとはいっても、あまりにもペニスが大きい場合、女性はセックスを嫌がります。膣が狭い女性の場合、挿入されると激しい痛みを覚えることがありますから当然のことでしょう。

 

巨根といえどもやはり、女性にとって丁度いいペニスのサイズというものがあります。大きすぎると逆に女性から避けられてしまうというのは巨根の最大のデメリットではないでしょうか。

 

2.フェラチオができない(したくない)

女性は口が小さいことが多いですから、巨根すぎるとフェラができないこともあります。また、フェラできたとしても顎にかかる負担が大きいですから、嫌がられる可能性がありますよね。

 

あまりにペニスが大きい場合は、そもそもフェラチオ自体をしてくれないケースもあるでしょうから、挿入と同じく巨根の大きなデメリットとなります。

 

3.通常サイズのコンドームが合わない

これは通常のサイズのペニスを持つ男性にはわからない、巨根男性ならではの悩みですが、通常よく売られているようなコンドームは小さくて合わない、入らない、ということがあります。ラブホテルなどに常備されているコンドームも一般的なサイズのものなので、いざ女性のアソコに挿入という場面でコンドームがつけることができないということも少なくないのです。

 

また、巨根男性は無理矢理コンドームをはめることが出来たとしても、ペニスをきつく締めるけることで痛みを感じたり、最悪の場合はペニスがうっ血してしまう可能性もあります。

 

そうなるとセックスを楽しむどころではありませんので、常に大きめのコンドームを自前で用意しておかなくてはいけないというデメリットがあるのです。

 

4.巨根が初めての女性から怖がられる

今まで巨根男性とセックスしたことがない女性や経験人数が少ない女性の場合、巨根を見ただけで、こんなものが本当に中に入るのかと怖くなったり不安になる女性は多いです。

 

もちろん実際には、女性器は相当柔らかく、余程規格外の巨根でもない限りは、ちゃんと濡れてさえいれば膣内に入らないなんてことはあまりありません。

 

ですが、巨根男性との経験が少なければ少ないほど恐れを抱いてしまうことは無理がありませんし、緊張して身体が強張ってきますから、結果的に女性器も濡れなくなってしまいセックスできないなんてこともあり得ます。

 

そんな状態で挿入してしまうと、苦しかったり、気持ちよくなれなかったりします。男性の側も、不愉快な思いをさせてしまったという気持ちから、興奮が少し醒めてきて、ペニスも若干小さくなってしまいます。互いに満足できずにセックスが終わってしまう可能性もあるのです。

 

5.ペニスが硬くなりにくい

ペニスは海綿体というスポンジ状の血管の集まりで構成されています。ペニスが硬くなるには海綿体に多くの血液が流れ込む必要があるわけです。

 

巨根男性は一般的なサイズのペニスに比べて勃起に必要な血液の量が大きければ大きいほど必要になります。当然ながら海綿体に入ってくる血液の量が少ない場合、巨根男性のペニス硬くならずに柔らかない状態のままになってしまうのです。

 

海外の男性が日本男性と比較するとペニスが硬くないという話をよく聞きますが、これもペニスのサイズと大きく関係していると言われています。

 

特に20代など若い時はいいですが、40代以降など急激に男性機能の低下が見られる年代の巨根男性はペニスが硬くならずに悩む人も少なくないのです。

まとめ〜基本的には巨根男性は女性にモテる

巨根 モテる

 

結論のところでも書いたように、硬さや太さ、早漏ではないこと、また女性が痛がるほど大きすぎない、など一定の条件をクリアしていれば基本的に巨根男性はモテます。

 

少なくとも女性の声やアンケートなど調査結果を見る限り、ペニスが小さいよりは大きい方が断然好かれることは間違いないでしょう。

 

ただし、巨根はモテるといっても外見上でモテるわけではなくて、あくまで巨根男性と1度でもセックスをする(もしくは女性に巨根だと何らかの理由で知られている場合)に限り、女性を虜にする可能性があるということです。ですので、セックスするまでは一般的にモテる要素(ルックス、コミュニケーション力、経験値など)が重要なのは変わりありません。

 

とはいえ、やはりセックスの時の巨根であることの優位性はペニスのサイズが平均以下の男性のとって憧れであることは間違いないですよね。